SIerの年収はどれくらいか?

IT業界の仕事は様々なジャンルがあります。
用途に応じて使い分けることも求められます。
仕事の内容も全く異なってくるので、IT関連の仕事と言っても自分がどのような仕事をしたいのか、ということもしっかりと考えておく必要があります。

どこの企業でも今は情報システムを構築していることが多いです。
SIerはこの情報システムを構築し、戦略立案から、企画、設計、開発、運用・保全までトータルに提供する場合もあります。
高度な技術や能力が必要となるため、SIerとして就業をすることができれば、年収もかなりアップします。
SIerの年収の相場は800万円と言われています。
相場ですので、企業によっては800万円以上の年収を得ることが出来る場合もあります。

しかしSIerの仕事はかなり忙しいということもあるので、残業をして800万円以上という場合も多いです。
サービス残業ではなく、きっちりと残業代を出してくれる企業が多いので、仕事をすればするほど年収はアップするということはあります。

上昇志向の強い人であれば、SIerの仕事で年収1000万円を超える人もいます。
それだけ需要の高い仕事でもあり、高度な技術が必要となってくる仕事です。
ですから簡単に出来る仕事ではありませんし、誰でも対応をすることが出来る仕事ではありません。
容易に転職をすることができるわけでもありません。
専門職の色が濃い仕事ですから、就業人口も少ないということになります。

しかし今後は情報システムの分野というのは需要が高まってくると考えられているので、求人数も増加傾向になります。
優秀なSIerの人材を求めるためには、待遇も良くしなければいけないということになってくるので、より収入も高くなることが予想されます。

また大手のSIer企業は基本的にリストラはありません。
そうなると今後就業をする人の年齢が上がっていくことが予想されます。
ある程度の年齢になってくると、年収もアップしなければいけないということになってくるので、業界全体の年収もアップする流れになってしまうのです。

大手のSIer企業ともなれば、就職をする際にもかなりハードルが高いです。
学歴は関係ないと言われてはいますが、今でも大学名を重視して採用をする企業はあります。
同じレベルの技術や知識を持っている人が2人いても有名大学出身者のほうが採用されることが多いです。
ですから大手のSIer企業で仕事をしたいのであれば、最終学歴も重要なポイントとなってしまいます。