SIerの将来性について考える

SIerは将来性のある仕事だと言われています。
情報システムに関わる仕事なので、今は多くの企業で情報システムを導入している、ということもあり仕事の量はかなり多くなっています。

インターネットで調べるとSIerは衰退傾向、という言葉も見つかりますが、まだまだ衰退をするのは早いです。
やりがいも得ることが出来る仕事です。
大手のSIer企業であれば、リストラもほとんどないので、定年退職まで就業をすることが出来るでしょう。
途中で転職を考えることがなければ、収入もどんどんアップすることが考えられます「、

ただし、IT関連の仕事というのは、新しい知識や情報もたくさん出てくるので、常に勉強をしなければいけないということがあります。
その点が少し大変かもしれません。
SIerは人手不足ということもあるので、SIerの価値は上がってきています。
誰にでも出来る仕事というわけではないので、SIerを目指す人材が増えない限りは条件の良い仕事となるでしょう。
競争率が高いというのもSIerの仕事の大きな特徴です。

情報システムはセキュリティー面もしっかりしておく必要があります。
簡単に破られてしまうようなものではいけませんし、中には顧客の個人情報を扱う場合もあるので、セキュリティーシステムはしっかりと行っておく必要があります。
単純に情報システムを構築するだけではなく、セキュリティー面もしっかりと構築しなければいけないということになってくるので、レベルの高い技術が求められます。

大手企業のSIer部門に就業をするというパターンもあります。
その場合には学歴を重視して採用をすることが常識となっているので、将来的にはプライドばかり高い人材が集まってしまうことが予想されます。
大学のレベルが一定以上ではないと採用をしないという傾向があります。
もちろん、一定レベル以上の大学を卒業している人が全てプライドが高いということではありません。
大学の名前だけで人を判断するような集団になってしまうことも考えられます。

今はSIer専門の企業がありますが、将来的にはどこの企業でもSIer専門の人材を雇用して、情報システムに関する管理をすべて自社で行うようになるかもしれません。
けしてSIerの仕事そのものに将来性がないのではなく、将来性はあっても求められる仕事が少し変わってくるのかもしれません。
SIerを始めとするIT関連業は今後も成長をすることは明確になっています。