システムインテグレータへの志望動機

システムインテグレータへの志望動機

システムインテグレータも、欲を出さなければ常に募集のある業界の1つです。
それだけ人員が流動的であり、また一方でそれだけ人を選ぶ業界でもあります。
今回は、それらシステムインテグレータへの志望動機をまとめてみましょう。

その会社で何をしたいのか、目標を志望動機の中心に

プレゼンテーションの上手な人は、プレゼンテーションの最初に、完結に結論をもってきます。例えば、以下の様な例文を挙げます。
「貴社で大規模システムインテグレーションに携わり、構築するシステムのを通して、多くの人々に新たな体験を与えたいと考え、貴社を志望しております。」

過去の体験を元に、志望動機を裏付けする。

目的を掲げるだけであれば誰でもする事が出来ます、よってこれらをどのように裏付けし、肉付けするかがここのパートになります。
具体的には、学生時代や前職といった経験を踏まえ、どのように感じ、それを就職・転職によってどのように解決できるか、という事を述べます。
「専門学校時代のアルバイトでシステム開発を経験し、データセンタでのサーバ構築の一部を任せられた事で、システム開発に面白さを感じる事ができました。また併せて、お客様へ構築スピードを評価された事で、将来システムインテグレータへ進もうと思いました。」

なぜその会社を志望したのか。(企業研究)

数ある企業の中で、なぜその会社を志望したかを述べます。具体的には以下のポイントを抑えます。
・その会社の事業上の強み。
・その強みに理由を感じる理由を書く
これらは企業研究が必要であり、その企業を受ける目的を明確化します。
例えばその企業の過去実績やIR情報・ニュースリリースといった情報を元にこれらを研究するほか、実際にその会社の社員に会ってお話を聞く事も有用です。

システムインテグレータに関わらず、転職・就職に大切なこと。

自身がシステムインテグレータを通じて何をしたいのか、という目的を明確にしておく必要があります。就職・転職は手段であって、目的では無いからです。これがブレていなければ、内定先が第一志望でなくとも、目的を間違わなければ将来をつかむ事が出来るでしょう。
今の時代、10年後・5年後の将来を描くことはなかなか難しい時代です。また、もしかして5年後は別業界に転職しているのかも知れません。その為にも、目的・手段を持ち、随時PDCAサイクルといった形を参考に振り返っていく事が大事なのかも知れません。