中小下請けSEが大手SIerに転職するには

新卒・中途採用におけるIT業界離れの原因とは?

バブル崩壊後、IT業界は著しい成長を遂げました。以前は不景気に陥った日本経済を立ちなおさせる花形職業として注目を浴びていたSIerも、今では「キツイ」、「給料が安い」、「残業が多く帰れない」、「単調作業やテストの繰り返し」などネガティブなイメージを持たれ「IT3K」などとも呼ばれるようになってしまいました。

こういった状況を背景に新卒の就活や転職においてもIT業界を選択しなくなる、あるいはIT業界からの転職者が増えるなどIT業界離れが進んでいます。

では、なぜSIerはこのような業界になってしまったのでしょうか?この1番の原因は、SI業界の構造上の問題、いわゆる「ITゼネコン構造」の問題が関わっています。ITゼネコン構造とはプライムベンダーという元請の企業の下に、2次請け、3次請け、4次請けと仕事が請け負わされれていく多重下請け構造を意味します。

このため、入社した会社が中小のSler(下請け会社)だった場合、将来的にキャリアップを考えている人にはその思いが実現できない場所となってしまっており、転職を選択する人も増えています。

ただ将来的にITシステムエンジニアとしてキャリアアップを望むのであれば、それなりに整った環境が必要ですし、転職を考えるのも前向きな選択です。実際にSEとしての今までのキャリアや経験を活かし、転職を成功させている人もたくさんいます。

転職先は様々ですが、SEとしてのキャリアを活かしつつ、給料も高く待遇もよい元請プライムベンダーに転職するのも1つの選択でしょう。そこで、今回は中小下請けSEから大手Sierへと転職をテーマに、成功させる方法やポイントについて以下に紹介します。

大手SIerへの転職。そのメリットは?

SIerのSEから大手SLerへの転職をした場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?以下に説明します。

上記にも紹介しましたが、IT企業はピラミッド型の多重下請け構造となっています。ピラミッドの頂点にある少数派のITベンダーは主にクライアントから受注されたシステム開発の「管理・調整」を行い、下請け・孫請けなど下請け会社に所属する残りの大多数のSEが実際にシステム開発を行います。仕事の質も、下請け企業になればなるほど、単調なプログラミングやテストの繰り返しなどキャリアアップにつながらない単調作業を任される傾向があります。

では、元請「ITベンダー」は具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?ITベンダーの主な仕事内容は、システムの構築をはじめ、運用、マーケティングなど多岐に渡ります。実際、ITプライムベンダーに転職することで得られる具体的なメリットを以下に列挙します。

システム開発を上流工程から関わることができる

数多くのSEの上に立ち、システムの上流工程から関わるなど、責任感があり遣り甲斐のある仕事を任せてもらえ、将来的にも非常にプラスになります。

マネージメントを経験することでキャリアアップできる

中小の下請けだと、1つのプロジェクトを分業、細分化して分担させられるので、プロジェクト全体の中の一部分を開発することになり、いつまでたってもキャリアアップできません。ITベンダーに所属して、多くのSEをまとめるリーダー的役割を任されることで、プロジェクトの全体像を把握できるなど、専門性やスキルや知識も身につき、将来的なキャリアアップにつながります。

給料・福利厚生など全ての待遇がよい

ITベンダーは受注金額が大きいうえ、中間マージンが発生しないため下請け会社に比べ圧倒的に給料が高いのがメリットです。特に、年収アップを重視している人は、是非ITベンダーへの転職をおすすめします。

以上、IT業界の構造上、下請け・孫請けの多重請負状況から抜け出すには、自分自身がピラミッドの頂点(ITベンダー)へ転職するのも賢い選択でしょう。特に、給料アップや遣り甲斐のある大きな仕事をしたいという意欲を持つ方は、元請である大手Slerへの転職をおすすめします。

大手Slerへの転職成功率を高めるために

転職を考えたとき、心強いサポートとしておすすめしたいのが転職エージェントです。転職エージェントに登録、相談すると担当エージェントが転職活動に関する様々なサポートをしてくれます。担当のエージェントは、キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントなどとも呼ばれ、求人情報の紹介や応募書類のチェック、面接の練習・アドバイスなど多岐に渡ったサポートをしてくれます。

一口に転職エージェントといっても様々ですが、大きく分けると総合型とIT業界特化型があります。

総合型の転職エージェントといえば代表的なところで、リクルートエージェントやインテリジェンスのDODA、パソナキャリアなどがあります。総合型は、幅広い業界の求人があるため選択の幅が広がることがメリットですが、IT関連に通じた担当エージェントがいないことがデメリットです。

一方、IT業界特化型のエージェントは、総合型に比べ求人数が少ないのですが、担当エージェントがIT関連に詳しいのが1番の強みです。特に転職先の希望を元請Slerへ限定するのであれば、IT業界特化型のエージェントがおすすめです。

IT業界特化型のエージェントは、求人企業の人事担当から現場のスタッフにまで、具体的に「どのようなスキル・経験を持っている人材を求めているのか?」など詳細を把握しています。このため、応募先企業への効果的な自己アピール方法もアドバイスしてもらえますし、入社後のミスマッチのリスクも大幅に下がります。
参考⇒IT転職サイト比較

大手Slerへの転職を目指し、転職成功率を高めるためには、是非IT業界特化型のエージェントを利用されることをおすすめします。因みに代表的なIT特化型エージェントとしては、レバテックキャリアやマイナビエージェント×ITなどがあります。