大手SIerに転職希望のSEにアドバイス

システムインテグレータに向いていない

サービスを意識するエンジニアにとって、システムインテグレータはとても退屈な仕事です。

・作っていて役に立つかわからないシステム
コンサルタント・プロジェクトマネージャの設計通りにシステムを作るだけであって、そのシステムが顧客にとって何の役に立つか理解できていない。

・ITゼネコンのピラミッド構造
元請けのコンサルタント・システムインテグレータから、二次請け・三次請けといった形で、そのプロジェクト毎にエンジニアを集め、随時解散させる形が一般的です。これは日本独特のスタイルであり、海外ではプロジェクト毎に随時雇用・解雇される形が一般的です。また、ITゼネコンのピラミッド下層部では偽装請負・出向・常駐・家に帰れないといったブラックな職場である事も多く、昇進する為にはその会社に留まる事が良いことではない事も多いのが実情です。

・年収の低さ
多重請負の間でマージンを取られる為、末端のエンジニアの手取りはとても低くなります。

システムインテグレータに向く人・向かない人

大手システムインテグレータは、技術志向やサービス指向のエンジニアには向いていない事があります。
具体的には、成長・昇進といった将来を見据えた時から、その現場に留まるべきかどうか考える必要があります。
もしその現場で3年間頑張っても何の成長も見込むことが出来ないのであれば、他業種への転職を考えるべきでしょう。

システムインテグレータからウェブ業界、スタートアップへの転職

システムインテグレータから、ウェブ業界やスタートアップ・ベンチャー業界への転職者は後を経ちません。その背景として、「出向や受託開発ではなく、自社サービスの開発をしている企業が良い」という動機が多いようです。

システムインテグレータではエンジニアですら交換可能な人員として扱われ、やり甲斐を感じられない事も多いのが実情です。一方、ウェブ業界といったスタートアップ・ベンチャー企業では、それぞれが必要な存在であり、またその場に居る事が重要なシステムインテグレータと違い、多少ラフなスタイルでもアウトプットを出し続ける事が重要です。

おわりに

ベンチャーやウェブ系では、システムインテグレータと異なり独特のスピード感やスキルアップが必要です。一例として、ブラウザは6習慣単位でアップデートされ続けており、3ヶ月前の技術はすでに古いものとなりつつあります。一方、自社サービスではインフラやプラットフォームの横展開も続けられており、陳腐化したコードの改修も必要な仕事です。

これらを踏まえ、ウェブ系やスタートアップ・ベンチャー業界への転職も考えられてみてはいかがでしょうか。

最後に、IT業界で転職するにしろ異業種に転職するにしろ、転職エージェントや転職サイトの活用は必須です。転職サイト・エージェントの選び方は以下の記事が参考になります。