特定派遣と一般派遣の違い

派遣社員として仕事をする人が増加傾向にあります。
自分のスタイルに合う就業をすることができますし、キャリアを生かした仕事をしたいと考えている場合には、派遣で仕事をするほうが気楽に考えることが出来るというメリットも得ることが出来ます。

派遣で仕事をする際には特定派遣と一般派遣という2種類があるので、その違いを知っておくとよいでしょう。
特定派遣は正社員として雇用され、派遣先で仕事をする形です。
常用雇用ということになるので、仕事がない期間であっても保障はされています。
一般派遣は仕事がある期間だけ雇用関係が成立をする形です。
派遣会社に正社員として就業をしているわけではないので、仕事がなくなった時点で失業をしてしまいます。
一般派遣のほうがリスクが高いということになります。

特定派遣は業種によってある程度決められています。
特殊な技術や知識が必要となるIT関連の仕事をしている人の中には特定派遣で仕事をしているような人が多いようです。

特定派遣は届け出を行っていれば、開業をすることができます。
労働者派遣法が改正されると、この特定派遣業が廃止されるということになるそうです。
全ての派遣社員は一般派遣となるので、経済的にも大きな影響をもたらすことになるでしょう。
特定派遣で成立をしていないような企業も倒産する可能性がありますし、派遣社員を受け入れている企業側にとってもマイナスとなってしまうことがあります。

給与面ですが、登録をする派遣会社によっても大きな差が出てきます。
特定派遣のほうが特殊な技術を必要とする、ということから給与が高めに設定されることが多いですが、一般派遣の場合にはワーキングプアとなってしまう人も出ているほど、収入はかなり低いです。
派遣会社にもマージンが入るので、派遣先企業が支払っている給与が全て派遣社員の手元に入るわけではありません。

特定派遣も一般派遣も派遣先で仕事をするのですから、業務上は大差がありません。
それでも派遣会社からの待遇が違うということはあります。
最近では派遣会社の数も増加をしており、どこに登録をすればいいのか分からないということもあるようです。
求人サイトをチェックしてエントリーをする際には、基本的に一般派遣であることが多いです。
人の使い捨てのような考えで雇用をしている派遣会社もあるので、クチコミサイトなどで評判を確認してから、登録をするのかどうかを検討してみるとよいでしょう。