システムエンジニアのお仕事について個人的雑感

今は離れてしまいましたが、以前小規模金融系のシステムエンジニアとして働いていたときのお話をさせていただきたいと思います。SEという大きなくくりだといくらでもテーマが出てきそうなので、仕事の流れという観点から書いていきたいと思います。

1.提案と見積もり
営業担当者が見込みのあるお客さんを見つけてくると、我々SEもお客様先に同行し、お客様の望むシステム、納期、費用などのお話をじっくり伺います。

それを基にハードウェア構成、ソフトウェア構成等、費用などをはじき出し、営業担当者と一緒に検討します。議論の上、お互いの立場で納得のいく物が出来たら、提案書と見積書をお客様に提出します。当然他社との競合の場面も多々ありますので結果はどうなるかわかりませんが、受注出来た時は苦労が報われたとうれしい物です。

2.概要設計と詳細設計
無事に受注に成功したら次は設計フェーズです。まずは概要設計。お客様の目に見える画面とか帳票とか処理の流れとかおおまかなものをお客様と一緒に作り上げていきます。このフェーズでお客様との意思疎通に問題があると実際に物が出来上がった時に、こんな物は望んでいないと言われかねませんので注意が必要です。

次は詳細設計です。概要設計で作った枠組みを実際にコンピュータ上で動作出来るように細かな部分を詰めていきます。ここで出来た物を次の工程でプログラマさんに渡して実装してもらうことになります。また、プログラミング工程以降を協力会社さんにお願いするのであればこのへんでお見積もりを依頼して、協力会社さんを選定することになります。

3.プログラミング・単体テスト
実際にコンピュータ上にプログラミングしていく工程です。詳細設計書をもとにプログラミング。そして詳細設計書に記述してある内容と齟齬がないようにプログラム部品単体レベルでテストをしていきます。小規模な作業では協力会社さんに出さずに自分でプログラミングもしてしまうこともありましたが、この工程が一番楽しかったかもしれませんw。

4.結合テスト
通常システムは単一のプログラムで動くわけではなく、複数のプログラムが役割を分担し、連携しながら動きます。単体で出来上がってきたプログラムを組み合わせて動作させ、入出力に問題はないか、きちんと性能は出ているかなどの確認もこの工程で行います。

5.運用テスト・本稼働
ここまでに問題がなければいよいよ本番運用を想定したテストに入ります。テストの主担当はお客様に移り、実際に使用する操作マニュアルを見ながらテストをしたり、システム担当のお客様ではなく実際に利用されるエンドユーザの方に訓練を兼ねて運用してもらったり。やることは様々ですね。

おそらく出るであろう色々なトラブルを乗り越えてここまでくれば後は本番稼働を待つだけです。本稼働当日は何があってもすぐに対処出来るように万全の体制をしいて待機します。本当にどきどきです。

本当にざっくりとしか書いていませんが、規模の大小はあれどこんな事を繰り返しながら作業をしています。つたない文章でわかりにくいとは思いますが、ご参考になれば幸いです。